前へ
次へ

交通事故の損害賠償問題

被害者であれ加害者であれ、交通事故の当事者となった際に浮かび上がってくる問題が損害賠償についてですが、自動車が関わる交通事故の場合には加入する任意保険会社が対応するのが一般的です。
しかし注意が必要となるのが、任意保険会社の出し渋りによって本来受け取れるべき損害賠償額に、遠く及ばない保障で示談に至るケースが少なくないと言う部分です。
実際、なかなか交通事故に遭遇する機会は少ない訳ですので、保険商品や損害賠償の知識に乏しいのが一般的ですから、少しでも利益を損ないたくない任意保険会社の言いなりになってしまうのは、ある意味仕方がありません。
そうならない為には、知識武装をして任意保険会社に対抗する方法もありますが、弁護士などを介して訴訟によって争うのがベターな選択と言えます。
保険商品の特約の一つとして弁護士費用を担保するプランもあり、月額にすれば数百円程度なので万が一に備え付帯しておくと良いでしょう。

Page Top