前へ
次へ

交通事故の相手が酒を飲んでいたときの情報

飲酒をしたらいくら強い人でも車両の運転をしてはいけません。
自動車やバイクはもちろんですが、車両の一つである自転車も違反となり大変危険と言えるでしょう。
ただ実際には少量だからなどと自動車を運転している人がいて、何もなくうまくすり抜けた人もいればたまたま交通事故を起こしてその時にばれてしまうときもあります。
お酒を飲んで運転をしているだけでも問題があるのにさらに交通事故を起こしたとなるとそれなりに罰則なども変わってくるでしょう。
もし事故の相手が酒を飲んでいたことが分かったらとっておきたい資料として酒酔い認識カードがあります。
これは飲酒運転時などに警察がその証拠として作成するもので、後で情報を得ることができます。
するとその時に酒気帯び運転だったのか酒酔い運転だったのかがわかります。
酒気帯び運転は少量のアルコールが検出される状況で、罰則はあるものの酒酔い運転に比べると軽くなります。
損害賠償を請求するときにも違いが出てくるでしょう。

Page Top