前へ
次へ

交通事故の損害賠償は、早めに解決をされる事

交通事故に被害に遭った際、精神的な落ち込みから、頭が整理つかず損害賠償について考える力がない場合もあるでしょう。
死亡事故の場合は、人の死によってお金を受け取る事になり、心の葛藤について、落ち着きが数年以上かかってしまう場合もあるはずです。
交通事故における損害賠償には時効があり、時効を過ぎると請求できなくなってしまうのです。
死亡事故の場合は、死亡した翌日から3年が請求できる期間になっています。
加害者不明の交通事故においては、20年までが時効の期間となっているのです。
その間に判明した場合は、判明した次の日から3年までが請求できる期間となっています。
月日が経つにつれて、加害者の居場所が明確に分かりにくくなってしまう場合もあるでしょう。
精神的に落ち込んでいる時期は、どれだけ請求できるのかの判断なども正常に判断できない場合もあるかもしれない。
弁護士などの法律に対する知識を持ち合わせている専門家に相談し、置かれている状況の負担の軽減に努めるのも大切です。

Page Top