前へ
次へ

人工知能で交通事故が減る可能性

交通事故は、今後は徐々に件数が減る可能性もあります。
新しいタイプの車が登場しつつあるからです。
最近では、色々な物に人工知能が実装されつつあります。
自動車もその1つです。
現時点では、人間が車を手動で運転していますが、いずれ人工知能が運転すると予想されています。
人工知能の判断力は極めて優れていて、車間距離などを的確に感知してくれます。
前側を走っている車との距離が近づいた時には、自動的にブレーキをかけてくれる機能もあります。
何らかの障害物が当たりそうな時にも、自動制御してくれる人工知能もあります。
その人工知能は、人間よりも判断力が優れているという声も多いです。
距離を的確に把握してくれますから、かえって人工知能に車を運転してもらう方が、交通事故の発生件数も減るという声もあります。
現時点では、一部の車に対して安全装置が実装されているレベルにとどまっていますが、今後は人工知能が運転する車も増加すると予想されています。
その時には、事故発生の件数が減る可能性はあるでしょう。

Page Top