前へ
次へ

私は幼稚園のころに交通事故で足を怪我しました

小学校へ上がる前に、近所の子ども達と道路を行ったり来たり渡って遊んでいました。
その道路は、普段車の通らない道路でした。
通ったところを見かけたことはありませんでした。
でも、道路ですから通るときもあるのに思い込んでいたのです。
その車は、子ども達に気づき、スピードを緩めたので、ほとんどの子ども達は無事でした。
しかし、友人と私は交通事故に遭ってしまいました。
友人は、バンパーにぶつかり空中を飛びました。
でも、おでこのかすり傷程度でした。
私は、直前で転んでしまい足をひかれました。
近所のおじいちゃんが縛ってくれた止血用の白い布が血で染まっていくのが今でも目に焼きついています。
皮膚や肉の移植などをすすめ、骨には異常がなかったこともあって無事退院しました。
しかし、その後のリハビリや矯正靴を履いての生活はつらいものがありました。
疲れると足を引いてしまうので、どうしたのかと皆に思われがちです。
普段は、健常者と同じぐらいに動けるからです。
歳を重ねると疲れも取れづらくなります。
ちょっとの注意で交通事故を防げたのにと今も悔いています。

Page Top