前へ
次へ

交通事故で被害者が示談する場合の注意点

交通事故の被害者は事故で肉体的なダメージを受けるのと同時に、仕事が出来なくなるなど精神的なダメージも負います。
示談に関しては早めに確定させて金銭的な不安をなくす事が大事ですが、怪我の症状が固定されていないなどの理由でなかなか進まない場合もあります。
ではゆっくりと納得いくまで交渉すればいいのではと思ってしまいますが、示談交渉が出来る期間は法律で決まっていて事故から3年経過すると1部の慰謝料をもらう権利は消滅してしまいます。
示談が成立してしまうと後から自分に不利な出来事が出てきたとしても、もう変更は効きません。
不利益な結果にならないように、事故直後から交通事故専門の弁護士に依頼するのがベストな方法です。
後遺障害の等級認定も医師を含めて大事な部分になってくるので、請求して結果が出てからすぐにその他の損害を含めた金額で示談書を作成します。
治療が終了して症状が固定されてからなので、ある程度時間が経過してしまっています。
素人がミスなく進めるのは至難の技なので、すぐに終わらせる為に弁護士に依頼するのがいい方法です。

Page Top