前へ
次へ

交通事故における警察の資料を集める

道路上に警察の車は警察官がいるとき、さらに事故に関する注意などがなされているときは何らかの交通事故があったのでしょう。
そこには当事者や当事者などが利用していた自動車等があり、警察が細かい情報を取ろうとしています。
時には情報が十分取れなくて、一定期間情報を求める看板を掲示し続けることもあります。
警察においてはその時の情報を集めて記録してそれを資料として残してくれています。
実況見分調書や供述調書などがあります。
交通事故に損害賠償などの法的な手続きを取ろうとするとき、根拠となる資料が必要になるときがあります。
その時に都合がいいのが警察が作成した資料で、実は比較的簡単に取得することができます。
該当する事故を調べてその資料が保管されている警察署や検察庁に問い合わせると閲覧や複写をさせてもらえたりします。
ただし警察署などによっては一般人が資料を閲覧できないところもあり、その時は弁護士資格を持った人に依頼する必要も出てきます。

Page Top